短文翻訳文字化トレーニング

教材や進め方については、 短文翻訳トレーニングと基本的に同じなので、そちらを参照してください。

唯一異なる点は、最終的に文字化することです。話すトレーニング同様、母語を一度イメージ化して、そのイメージを再描写することで文字化することを意識してください。


関連