ながら学習

単語は、あくまでも意味理解をともなうインプットを行う過程で徐々に慣れていくことが理想なので、他の言語能力のトレーニングと並行して文法を調べて学習していくという方法をとることをおすすめします。 あくまでも、実際の言語使用が先にあり、理解できない単語に出会う度に調べて学習していくことが有効です。

そうすれば必然的に、頻繁に出会う単語は頻繁に調べることになり、結果的に自分にとっての頻度順または必要度が高い順に単語を習得していくことになります。 重要なのは、無理に覚えようとしないことです。

単語を調べる方法は、単語帳でもネット検索でもなんでも構いません。

単語の日本語訳だけを覚えようとすることは、試験対策としては有効ですが、聞けるまたは話せることを目指す場合は、使う回路が異なるため、あまり有効ではありません。 また、使うかどうか分からない単語を覚えるというストレスフルな行為を避けられる点にも意義があります。


関連