習熟度は反応速度で測られる

一つ一つの語の習熟度は、各回路の反応速度の速さである程度測ることができます。

例えば、聞く回路の場合、ある語の音を聞いてから意味理解するまでにどれくらいの時間がかかるかで、その語の聞く回路での習熟度がある程度わかるということです。

はじめのうちは、音を聞いてから意味理解するまでに数秒かかりますが、繰り返し同じ語に同じ回路で出会っているうちに、反応速度があがり、最終的には音を聞いてから文字通り一瞬で意味理解できるようになります。