速読は精読の後に

速読は、文字を意味化する回路のフルエンシーを高めるトレーニングになります。

ただし、速読する際、出てきた単語単語を自分の頭の中で都合のいいようにつなげて解釈してしまったり、微妙なニュアンス等を飛ばして読んでいたりすることが往々にしてあります。

また、母語ではない言語で文章を読むときには、特に細かな時制の違いや文体の違いを無視してしまうことも頻発します。そのため、どんな文章でもほぼ読み違わない程度のいわゆる精読力を身につけた上で速読をすべきでしょう。