そもそも正しい発音とは

正しい発音とは、なんとなくネイティヴスピーカーっぽく聞こえる発音のことではなく、「異なる音素をしっかり区別できている発音」のことをいいます。 この音素という概念は言語を学ぶ上で非常に重要なのですが、多くの方々にとってあまり馴染みのない概念だと思うので詳しく説明します。

音素とは「単語の意味を区別する音の最小単位」のことです。例えば「英語はLとRの音を区別するけど、日本語はLとRの音を区別しない」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、これのことです。(厳密には、日本語の標準的な「ら行」の音は、英語のLともRとも異なる弾き音と呼ばれる音です。)

英語では、loadとroadが異なる意味をもつ異なる単語として認識されます。LとR以外の”oad”の部分の発音は同じなので、Lの音とRの音が単語の意味を区別していることになります。

一方日本語では、Lの音で「Laイオン」と発音しても、Rの音で「Raイオン」と発音しても、弾き音で「ライオン」と発音しても、どれも同じ意味で、あの動物のライオンとして認識されます。すなわちLの音とRの音が単語の意味を区別していません。つまり、英語では、LとRはそれぞれ単語の意味を区別するので「異なる音素」であるのに対して、日本語では、LとRと弾き音は単語の意味を区別しないので、すべて「同一音素」であるということです。少し難しいと思われるかもしれませんが、発音を習得する上で、どうしても欠かせない知識なので、頑張って最後まで読んでみてください。

pronunciation1

pronunciation2

さらに言えば英語のLとRは物理的にも異なる音です。すなわち発音する際の口や舌の動かし方が異なります。日本語で例えるならば、「か行」と「な行」ぐらい異なります。そして既に述べたように、英語という言語の中では、それらの音の違いが意味の違いをもたらします。そのため、英語ではLとRをはっきり区別して発音する必要があります。でなければよく通じません。

一方日本語という言語の中では、LもRも日本語ネイティヴスピーカーの標準的な「ら行」の音である弾き音とは物理的に異なる音ですが、その音の違いが意味の違いをもたらしません。どの音も基本的にすべて「ら行」として認識されるため、LもRも弾き音もはっきり区別して発音しなくても、問題なく通じます。

このように同一音素内であれば、物理的に母語話者の発音と異なっていても問題ありません。反対に、例えば日本語で、異なる意味を持つ異なる単語「ライオン」と「体温(タイオン)」を区別する音「ラ」と「タ」は異なる音素なので、はっきり区別して発音する必要があります。このように、繰り返しになりますが、異なる音素同士ははっきり区別して発音する必要があります。

そしてこの「異なる音素はしっかり区別して発音できているが、同一音素内であればネイティヴスピーカーの標準的な発音とは物理的に異なっていても問題ない」というのが、発音に関して到達すべき最低ラインとなります。ちなみに、この最低ラインに到達すれば、あくまでも結果的にですが、ネイティヴスピーカーっぽい発音に近づきます!

pronunciation3


関連