動画視聴トレーニング

聞く回路を強化するトレーニングとして、動画視聴がおすすめです。

動画は、音声とその音声が意味する概念と状況・感情・動作を同時に知覚できるため、それらの複合的な結びつきを得られるというのが大きなメリットです。音声情報と非言語的な(=文字や日本語訳ではない)視覚情報との結びつきを得やすく、それぞれの語や表現のイメージを獲得しやすいため、学習効果が非常に高いと言えます。

例えば、英語のドラマで、登場人物が怒っているシーンで ”Why are you so angry?”という表現を聞けば、”angry”のイメージを得られ、次に”angry”という音を聞いた時に、「怒っている」という日本語訳を介さなくても、”angry”のイメージを即座に思い浮かべてその意味を理解できるようなるといったことです。

ドラマでも映画でもいいので、学習する言語の動画でお気に入りの動画を一つ選んで、その動画を繰り返し見るようにしてください。プレゼンやニュースなどのモノローグ系の動画よりは、インタラクティブなコミュニケーションが起こるドラマや映画をオススメします。どの動画でもジャンルを問わず、基本的な表現は大体繰り返し出てきます。

動画を見る時は、できるだけ音声に集中してください。最初は意味が理解できなくてもとりあえず字幕なしで見てください。そうすることで、音声から意味を理解しようという回路が働き、その回路を強化することができます。文字からではなく、音声から入っていることが最も重要です。

その後、日本語でも外国語でもいいので字幕やスクリプトで意味を確認しながら見ます。そしてその後再び字幕なしで音声のみを聞いて意味を理解できるか確認します。これを、動画の音声を聞いて大体理解できるようになるまで繰り返します。

字幕やスクリプト等の文字を見た方が理解が楽なので、ついつい見ながら音声を聞いてしまいがちですが、聞くトレーニングをする際は、文字の誘惑に打ち勝って、音声に集中するようにしてください。さもなければ、聞く回路を鍛えているつもりでも、実際は読む回路を使ってしまっていて、なかなか聞く回路が鍛えられないということになります。

listen3


関連