文法用語は覚えなくてよい

いわゆる文法書や文法の解説には、文法用語がたくさん出てきますが、覚える必要は一切ありません。

日本の英語教育では、動名詞だからどうとか他動詞だからどうとか、不必要な文法用語を多用する傾向がありますが、本来は、後に目的語をとる動詞を他動詞と呼び、動詞を名詞化したものだから動名詞と呼んでいるのであって、因果関係が完全に逆になっています。 例えば「discussは他動詞なのですぐ後に目的語をとります。」とよく言いますが、実際は逆で、「discussはすぐ後に目的語をとる」から分類の便宜上他動詞と呼ぶだけです。

そのため、学習者が文法用語を覚える意義は一切ありません。 文法用語よりも語の働きと用法とイメージが理解できていることが重要です。